Gooval

ご利用者様の声

一覧ページに戻る
PHOTO

食彩厨房ジャルダン
支配人 末国浩二さん
(東京/麹町)

食堂を自社でもつという企業のリスクはなく、従業員の利便性と満足度につながるサービスだと期待しています。

地域のみなさまに愛されている、麹町で評判のレストラン。日本料理とイタリア料理の絶品ランチを自然光がたっぷり入る快適空間で楽しむことができる、東京グリーンパレスの地下1階にある、「食彩厨房ジャルダン」料飲グループ 支配人 末国浩二さんに、「ぐーばる」を導入されたきっかけや「ぐーばる」への期待をなどをインタビューいたしました。

ー「ぐーばる」を導入したきっかけや理由を教えていただけますか?

ファナティックの「ぐーばる」の営業担当さんがいらして、もともとうちのお客様でもあるビーエム長野さんが採用されているというお話を聞きました。

今後もビーエム長野さんに継続して使っていただきたいという思いがあり、躊躇なく導入を決めました。また今後も広がりが期待できるのかなという気持ちもありました。

地域のお客様を大切にしていくということの糸口と思っています。

PHOTO

ー「ぐーばる」を導入するにあたり、専用端末の利用などひとつオペレーションが増えることなど、いろいろな不安などはありませんでしたか?

ほとんどないです。

新しいものをどんどん取り入れていかないと世の中から置いていかれるという危機感は全員もっていて、新しいものにチャレンジする社風ですね。

手間がかかるからやらないという考え方はないです。オペレーションについて、たしかに「1つの手間」が生まれますが、その「1つの手間」が生まれることによって「1人の新しいお客様」が生まれるという発想に立って進んで取り組んでいます。

ー専用の決済端末の使用感などはいかかですか?

不自由な点は皆無と言っていいのかな。使用していて、何も支障は起きていません。

「ぐーばる」を導入することによって他のお客様も端末を意識されておりますので、有効に活用していきたいと思います。この近辺はITの会社も多いですし、興味を持っていただくことも多いです。

ひとつ不安といえば、ネット環境が途切れた時にはどうすればよいのかというような心配はないわけではないのですが、バックアップ環境がしっかりしているので、安心しております。

PHOTO

ー導入前と導入後で売上やお客様の層などの変化は感じられましたか?

来客数そのものは、席と時間が限定され、キャパシティがありますので、増えたかというと変化はないです。ただ、様々なお客様の幅は広がったように感じています。ちょっとだけ若返えったことと、女性のお客様が少し増えたように感じています。

いろいろな方のご意見も聞けますので、企画や開発に生かすチャンスも増えると思います。

ー全体としての健康経営をランチの側面からサポートするというコンセプトについてはどう思われますか?

我々としても、お腹を豊かにするだけではなく、心も豊かにしたいというコンセプトがあります。普段話せない社員同士、ランチを食べながらコミュニケーションを深めて欲しいですよね。

うちにはリピートの域を超えたお客様(笑)週3回~週5回くらい来ていただいているお客様がいらっしゃって、まさしく社員食堂としての利用をしていただいているという感覚があったので、今のお客様のニーズにも「ぐーばる」のコンセプトが合っていたと思います。

食堂を自社でもつという企業のリスクはなく、従業員の利便性と満足度につながるサービスだと期待しています。

PHOTO

ー今後「ぐーばる」に期待することや課題などありましたら教えてください。

正直に言っていいのですか?(笑)まずは、われわれ加盟店を増やしていただきたいですよね。そしてお客様には様々な場所で「食」を楽しんでいただきたいです。
8時間の労働の内1時間という唯一リラックスした時間帯ですので、利用されるお客様にとっていろんな場所で「食」の選択肢が増えていけばいいなと思います。

あえてもう一つ言わせていただくならば、知名度をもう少し上げて欲しいなぁと思いますよね・・・

せっかくこんないいシステムですので、他のエリアでも、もっと利用者を増やしていただき利用者のすそ野を広げていただきたいです。

今後に期待していきたいと思います。

食彩厨房ジャルダン(東京/麹町)

住所 : 東京都千代田区二番町2番地
TEL : 03-5210-4600
HP : http://www.tokyogp.com/restaurant/

お問い合わせは今すぐ!