先日、ぐーばる導入企業である、東京・西立川にある東京西サトー製品販売株式会社に訪問させていただきました。

東京・西立川にある東京西サトー製品販売株式会社は、自動認識システム業界で世界トップクラスのメーカーであるSATOの正規販売店として、サトー製品(バーコードプリンタ・ハンドラベラー・カードシステム等)の導入のご相談から設置までを一貫して行っている企業です。

東京西サトー製品販売株式会社のプロフィール

設 立      : 昭和56年4月
資 本 金    : 1,000万円
代表取締役  : 横川 みどり
社 員 数  : 20名

とうきょう次世代育成サポート企業
立川市ワーク・ライフ・バランス推進事業所
経済産業省 健康優良法人2018認定(中小企業部門 )
経済産業省創設おもてなし規格認証2018
など各方面でのいろいろな取り組みが評価されています。

まず、最初に会社のドアを開けた瞬間に、社員の皆さんから、「いらっしゃいませ」と笑顔でお迎えいただきました。
やはり、気持ちの良い挨拶は会社の印象を左右する重要な要素だと改めて思いました。

 

今日は、ぐーばるを導入するきっかけや現在どのように利用されているかなどを、代表取締役社長の横川みどり様と従業員代表として、よくぐーばるを利用されている黒瀬由美様のお二人にインタビューいたしました。

 

Q:横川社長がぐーばるを導入しようと思われた理由やきっかけを教えてください。

横川社長:
ぐーばるを利用して、5個くらいの少ない数からでもお弁当を頼むことが出来るということが、一番の理由ですね。
会社の周りには飲食店も少ないので、お弁当を食べる人が多いのですが、少ない数で配達してもらえる仕出しのお弁当屋さんも見つからず、お弁当の配達は諦めていました。
今回、ぐーばるさんがお弁当屋さんも探してくれて、5個からでも届けてもらえるということがきっかけとなりました。

また、もう一つの理由として、社員が食事をしたものの管理が出来るというものが今までなかったためにおもしろいと思いました。
特に、ぐーばるで利用した時には自動で画像まで履歴に残るので便利ですね。
私は、自分でもお弁当を作って、ブログでアップもしているのですが、自分で作った時にも記録を残したいので、もっと写真のアップロードが簡単に出来るようになるとよいと思ってます。

 

Q:社員のみなさんは、ぐーばるの導入をしたことで変化はありましたか?

黒瀬様:
ここの周りには食べに行くところもコンビニも少ないので、食事の選択肢が限られていて困っていました。
時短勤務をしている人などは、ついつい買いそびれたりすると、そのまま食事をしないままですませることもあったので、みんなお弁当が注文できるようになって、とても喜んでいます。

Q:お弁当はいかがですか?

黒瀬様:
日替わりで2種類あり、定番が5種類あり、バリエーションが豊富なので飽きずに楽しめています。
やはり、コンビニのお弁当とは違ってよいです。
定番のメニューはボリュームがあるものもあり、男性陣も満足しているようです。
お昼までに届けてもらっていますが、いつも時間が経たないうちに食べることが多いので、温かいお弁当を食べることができています。

Q:今後ぐーばるに期待することやご要望がありましたら、教えてください。

黒瀬様:
当初お弁当の締め切り時間が9時の時にはなかなか頼めなかったのですが、9時から9時半にしてもらったことで、ずいぶん予約しやすくなりました。
たまに、朝礼がのびてしまうと頼みそびれたりしています(笑)
実際にふたをあけてみると、お弁当の予約が成立していなくてがっかりすることがありました。
また、一日を通して勤務する人が全体の半数なので、もっと少ない数でも頼めるとさらに嬉しいです。
横川社長:
朝礼の時に、声かけをしてもらうようにすれば、うっかり頼み忘れもなくなるし、あといくつで成立かもわかってよいのではないかしら。
黒瀬様:
あ、それよいですね!では、早速明日から朝礼で声かけしてもらいます。

社長と黒瀬様の会話であっという間に朝の朝礼でのぐーばるのお弁当の告知が決まりました!!(すごい)

 

Q:貴社は健康経営にも取り組まれていて、健康経営優良法人認定も取得されています。
貴社のサイトでいろいろな取り組みをされていることを拝見しましたが、トレッキング部があるのですね。
楽しそうな様子をブログで読みました。

横川社長:
健康経営の取り組みを始めて、もう数年経っています。
敷地内全面禁煙や朝の体操、全員健診受診などいろいろ取り組んで来ましたが、今年創業40周年を記念し社内サークルとして「トレッキング部」を作りました。
先日も尾瀬に行ってきましたよ。
健康経営はよいと思ったことをできることから取り組んでいます。

ぐーばるでは、フードダイアリーに食事の履歴が残るので、何を食べたかの記録が残せるので、今後活用していくことができると思ってます。最初にもお伝えしましたが、もっと簡単に画像がアップできるようになるともっと気軽に記録が残せるようになるので、ぜひ検討してくださいね。

 

Q:今日はありがとうございました。